深海鮫肝油鮫珠のスクアレン


深海鮫肝油鮫珠のスクアレン

906年、国立工業試験場の油脂科学者・辻本満丸博士が発見。

発見された鮫の種類(スクアルス科)から名づけられる。

細胞のすみずみへ酸素を送り込み、新陳代謝を活性化し、

細胞を賦活する。血液の粘性を低下させる。

♂♀ホルモンの基となる。

その他、殺菌作用、鎮痛作用、解毒作用なども報告されている。

また、1980年の国際学会(英・伊)で制ガン効果も発表されている。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。